浪人生の母はじめました

まさかうちの子が!? 2023年春に娘の浪人が決まりました。遅咲きの桜は美しいと信じて。

はじめまして



ブログを書こうと思ったきっかけ

はじめまして。nico*と申します。

 

40代主婦、夫と2004年生まれ(2023年2月現在 高校3年生)の娘と暮らしています。

 

 

このブログをはじめようと思ったきっかけ.....それは2023年共通テスト。

 

この共通テストで、娘は驚くほど低い点数をたたき出してしまい「浪人」がほぼ確定しました。

 

娘の志望学部

娘は国立大学医学部医学科を目指しています。

 

それだけ聞くと、もしかしたら「あらあら、賢い娘さんで~」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが...キッパリ言います。

 

全くそんなことはありません。

 

だからこそ、わざわざブログを書こうと思ったのです。

 

 

医学部受験は高嶺の花、医師になれるのは医師の子供が大半....そんな現実の中、高卒サラリーマン家庭の普通の女の子が医学部を目指す!

 

無謀かもしれませんが、そんな人たちもいますよということで。

 

 

なのでね、賢いお子さんをお持ちでご自身も高学歴で...という方には何の参考にもならないブログだと思います。

 

むしろ「そんな成績でよく医学部目指してるなんて言えるね」と思われてしまうかもしれません。

 

 

でも、もし我が家と同じような境遇の方が見つけてくれて、少しでもホッとしてくれたり参考にしてくれると嬉しいなと思います。

 

そんな気持ちから、このブログを始めることにしました。

 

実は浪人確定ではありません

「浪人の母はじめました」というタイトルですが....実際は今日現在、娘の「浪人確定」はまだしていません。

 

2023年 2月25日・26日の国立一般前期試験を受けますので。

 

 

ではなぜ今こんなブログを始めたかというと...ズバリ合格は絶望的だからです。

 

今年の共通テストリサーチを見たり、志望校の過去の合格最低点を見ると二次試験で85%くらい取らないと合格は無理なんじゃね?という感じ。

 

 

毎日様々な情報に触れていると、追い詰められているような感覚で物凄く不安になります。

 

受験のことってなかなか人に相談できないし、同じような気持ちの人の話を聞くこともできません。

 

あぁ孤独、本当に孤独。

 

 

だからこそ今後お子さんの受験で、我が家と同じ状況になり孤独を感じている母たちのために、不合格⇒浪人確定⇒その後のすべての流れと感情をここでさらけ出したいと思っています。

 

なのでね、万が一...いや万が千...万が万、一般前期で合格したらこのブログはそこで終了となります。(99.8%ないと思われます。)

 

とはいえ、まだあきらめてはいない

なんだかんだと書いて、我が子の不合格⇒浪人を確定させてるなんてひどい親...と思われるかもしれませんが、もちろんまだあきらめていません。

 

娘は大爆死した共通テスト後も毎日ちゃんと勉強しています。

 

だから私たち家族も、奇跡が起こるかもしれない...と心の奥底で思っています。

 

 

「神様、お願いします。我が子に合格をお願いします。」

 

「これだけ頑張ってるんだから奇跡もあるんじゃね?」

 

「いやいや、現実的に考えてこの点数無理だよね....」

 

...と、このように受験生の母というものは、毎日毎日心がグラングランと揺さぶられます。

 

あぁ...苦しい。

 

 

そんなこんなでございますが、どうぞよろしくお願いします。

 

\ みんなで合格!必勝祈願! /

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 

※当サイトの情報は執筆当時に個人が集めた情報です。出願などの際は必ずご自身で募集要項などをご確認ください。

 

/*ページャーに「前のページ」を追加する*/