浪人生の母はじめました

まさかうちの子が!? 2023年春に娘の浪人が決まりました。遅咲きの桜は美しい。

【2023年度 大学受験】出願校を決める


出願校を決めたのは共通テストの自己採点後

2023年1月14・15日に実施された共通テスト翌日、学校で一斉に自己採点しました。

 

とてもよかった子、娘と同じく点数が取れなかった子、それは悲喜こもごもの光景だったようです。

 

しかし、いくら落ち込もうが進むしかない。出願校を決めなければいけないのです。

 

現役時の出願のこだわり

現役では第一志望の国立医学部医学科以外の私立医学部や、他学部は受けないと決めていました。

 

それは、国立一本で不合格なら浪人する!ということです。

 

しかし、いざ共通テストの点を知り国立医学部医学科が絶望的になったら「私立や他学部も受けてそこに行ってもいいんだよ..?」と私は弱気になりました。

 

それでも、娘は「いやだ、今年だめなら浪人して来年もチャレンジさせて欲しい!」と意思は固かったです。(来年は私立医学部・第二希望の私立他学部も受験します。)

 

それを聞いて、そうだよな!今妥協して後悔するのはダメだ!と私も気持ちを切り替えました。

 

足切りにかからずに、確実に受験できそうな学校を探す

国立の医学科には足切りという制度があります。

 

ほとんどの学校が「出願倍率が〇倍を超えたら足切り発動」という感じ。

 

なので足切りが発動するかどうかは出願前には、ほぼ分かりません。

 

 

娘の共テ点数で、受けれそうなところ(足切りにかからなそうなところ)は数校でした。

 

学校の進路課の先生は「浪人が出来る環境ならば、今年は医学科は無理だから出願するのは諦めて、受かりそうな国立の他学部を受けて合格を取ったほうがいいんじゃない?」と言われる始末。

 

不合格だとしても、「あの時医学科に出願しておけばよかった」と後悔するのだけはイヤだ!という強い意志の娘に、私と担任は「今年の受験は今年しっかり終わらせよう、後悔の無いように自分の気持ちに正直に出願したらいい」と言いました。

 

 

親子で色々と話し合い、共テ前は候補になかったけれど足切りにならないであろう大学に出願しました。

 

実際、前期は足切りにならず受験することが出来ました。後期は山口大学に出願しましたが、こちらは足切りになり受験できませんでした。

 

2023年大学受験の出願に今、思うこと

不合格ではありましたが、私も娘も前期の学校に出願したことは本当によかったと思っています。「最善の出願だったよね」と娘は今でも言います。

 

そしてなんと、共テまでは候補になかったこの学校が、今では第1志望になっています。

 

 

最期に余談ではありますが...自称進私立高校だったので、医学科志望生は現役でダメだったらみんな浪人するのかな?と私は思っていました。

 

しかし、うちの学校はそうでもなかったです。

 

共通テストまでは学年で13人くらい医学科志望がいましたが、共テで点が取れなかった子が8人くらいいて、その内4人くらいは「浪人はしたくない」と国立看護に進路変更しました。(その子たちはみんな国立大学の看護科に合格しました!)

 

浪人を選ぶ子、選ばない子。

 

人生って本当に選択ばかり。

 

それぞれ選択した道を信じて、しっかり歩んで欲しいなぁ...と母は思います。

 

\ みんなで合格!必勝祈願! /

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村