浪人生の母はじめました

まさかうちの子が!? 2023年春に娘の浪人が決まりました。遅咲きの桜は美しい。

【2023年度 大学受験】国立大学 前期試験


共通テストで撃沈し、進路課の先生や教科担当に「今年は無理だってば...」と言われながらも、気持ちと切り替えてとにかく二次試験の勉強を頑張りました。

 

共テ後2週間ほどは本当に落ち込んでいたけれど、その後は今まで以上に頑張っていたと思います。

 

国立大学 前期試験の前日に出発

2023年2月25日・26日、国立大学医学部医学科前期試験。

 

入試前日2月24日の朝、地元の駅から出発だったのですが...娘の親友2人がサプライズでお見送りにきてくれていました。(2人とも私立のみの受験でもう受験は終わっていました。)

 

息が真っ白になる寒い朝でしたが、心がとても温かくなりました。

 

何度か乗り換え、6時間ほどで到着。

 

ホテルにチェックインをして、試験会場まで娘と歩いて行きました。

 

 

徒歩15分くらいで到着した会場には、明日の試験の注意点や受験番号別の教室案内などが貼られていて、たくさんの受験生と親御さんがいました。ご両親で来ている方も結構多かったです。

 

当たり前かもしれませんが、受験会場は必ず下見に行った方がいいですよ!

 

前日の夜に娘が「もう出来ることは全部やった。これでダメなら悔いなく浪人する。」と言っていて、私も本当に同じ気持ちでした。

 

国立大学 前期試験1日目

下見をしたので当日、私は同行せずホテルの部屋から娘を送り出しました。

 

その後、部屋の窓から外を眺めていると...同じ方向へ向かう同じような年ごろの若者とその保護者。

 

みんなきっと同じ気持ちなんだろうな...とライバルなんだけれど、同士のような不思議な気持ちでした。

 

 

娘が試験を受けている間、私は徒歩で美術館に行ったり、お店を見たり、駅の探検をしたりとウロウロしました。

 

車のマナーもいいし、お店の人も優しかったので、この街にご縁があったら嬉しいな~と思うようなとてもいい街でした。

 

 

すっかり日が落ちてから、少し疲れた様子で娘は帰ってきました。

 

「疲れた~」と言いながら、買っておいたドーナツをおいしそうに食べていました。

 

「思ってたよりは出来た。これでダメならしょうがない!」とも言っていました。

 

国立大学 前期試験2日目

2日目は面接。

 

お昼ごろに終わって帰ってきました。

 

特別変わった質問はされず、志望理由とか普通の質問だけだったそうです。

 

 

私たちはこの日もホテルに泊まるようにしていたので、面接終了後は電車に乗って観光にでかけました。

 

我が家のように受験校が少なく、受験日程に余裕があれば受験終了後に少しゆっくり観光したりするのはとてもおすすめです。

 

娘が中学生になって多忙になってから、旅行に行くこともほとんどなかったのでこの観光は私にとってもとてもいい思い出ですし、娘も受験から解放されてとても楽しそうでした。

 

\ みんなで合格!必勝祈願! /

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村