浪人生の母はじめました

2023年春に娘の浪人が決まりました ⇒ 2024年春、国立医学部医学科に合格しました!遅咲きの桜は美しい。頑張れ!浪人生!

あー・・・って言わないで



子供が高校3年生になると、会う人会う人に聞かれます。

 

 

「今年受験でしょ?どこ受けるの??」

 

 

あー、めんどくせえ。

 

 

私だったらそんなに親しくもない人に、そんなこと聞けない。

 

でも、親しくない人ほど遠慮なく聞いてくるもんで、その度に「いやぁ~まだ決めてないんですよ~」と濁していました。

 

 

しかし、これが通用するのは高校3年生の秋くらいまで。

 

さすがに高校3年生の秋以降に志望校(志望学部)が決まってないというのは通用しません。

 

あれこれ聞かれるのはめんどくさいので、高3の秋以降はなるべく人に会わないように乗り切りました。

 

 

 

しかしいつまでもそんな生活をするのは難しく...スーパーやウォーキング中にバッタリ出会ってしまうのですよね、会いたくない人には特に。

 

 

そんな時、必ず聞かれる「受験どうだった?」

 

 

聞かれたら答えるしかないので「今、予備校の寮に入って浪人生しています。」と正直に答えます。

 

そしたらば、こうやって言われることが多いのよね。

 

 

あー・・・

 

 

そして、この「あー・・・」の後にはいろんな言葉が続きます。

 

「なんか聞いちゃってごめん」

 

「大変だね」

 

「それはかわいそうに」

 

 

...実はこれ、結構傷つきます。

 

憐みのような雰囲気を出してくるものも傷つくし、中には「行ける所がなかったのね」みたいな感じの人もいます。(聞かれなければわざわざ自分から医学部を受験したと言わないので、浪人してるという結果だけ聞いてそんな風に言ってくる人...います。)

 

 

いやいやいや、そんな空気にならないで~!

 

気を遣わせちゃってすみません~!

 

結構前向きな浪人なのですよ~!と、こちらが気を使います。

 

 

でも時々「それは難しい所狙ってたってことだよね!実はうちもね....」と、自身やお子さんの浪人経験談を聞かせてくれたり、「浪人生活は本当に貴重な体験だよ!」と言ってくれる人もいたりして、そんな時はとても励まされます。

 

 

 

娘が予備校に入って、浪人を選んだ子それぞれにストーリーがあることを知ります。

 

ずっと模試でA判定だったのに不合格だった子

 

あと1点足りなかった子

 

共通テストで点が取れなくて、足切りで受験さえできなかった子

 

 

みな挫折を経験した後に「あと1年!」と気持ちを奮い立たせて浪人を選びます。

 

その姿は敗北者ではなく、挑戦者。

 

自分で選んだ浪人は、全然かわいそうなんかじゃないんだよ。

 

\ みんなで合格!必勝祈願! /

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 

※当サイトの情報は執筆当時に個人が集めた情報です。出願などの際は必ずご自身で募集要項などをご確認ください。